大切なデータはクラウドに保存しよう

スマートフォン普及で写真を撮る機会も増えています。クラウドを使って保存すればデータを持ち歩く必要はないのです。

Topics

なぜ今クラウドは広がるのか。

カメラの機能がついた携帯電話の普及で、誰でもいつでも好きな瞬間に写真を撮ることができるようになりました。しかし携帯電話のカメラは付属的な要素が強く綺麗な写真を撮ることは難しく、まだコンパクトカメラを使用している人のほうが圧倒的に多かったのです。そのためデータ量も膨大にはならず、携帯電話の持つ容量で収まっていた人も多いのです。しかしスマートフォンの普及により写真を撮る機会は爆発的に増えました。ちょっとしたデジタルカメラ並みの性能を持ち合わせるようになったためです。そして画像は綺麗になり、写真一枚あたりの容量も増えました。そのためスマートフォンの容量は一瞬して一杯になっていまいます。保存先をパソコンしていてもどんどん撮りためていくその量はパソコンすらも圧迫していしまうのです。

そのような時に便利なものがクラウドです。クラウドとはインターネット上にデータを保存できる仕組みのことをいいます。インターネット上に保存できるため手持ちのディバイスに容量などで負担をかけることがありまえん。また機器の急なトラブルでデータがクラッシュしてしまったとしても安心です。インターネット上に保存しているため、どこにいてもインターネットが繋がる環境にさえいれば、自分のディバイスを持っていなくても保存したデータにアクセスできるのです。また任意で第三者ともデータを共有することもできるのです。写真のデータを持ち歩かなくても気軽に写真にアクセスできるのはとても便利と多くの人が認識しています。

これからますます広域化し、分散していくシステムはどんどん複雑になっていきます。そうした複雑なフィジカル環境をロジカルなものとしてにシンプルにマネジメントしていくこと、システムに対する変更や、負荷がピークに対しても柔軟に対応していくことができるのがバーチャル化技術であり、仮想化に対する期待は将来に向かって非常に大きなものなってきています。ビジネスは、グローバルに今後も展開していくことでしょう、多様化するステークホルダーのニーズに対して、従来のように個別に対応するのでは遅すぎるという状況となっており、標準化やオートメーション化といった要素は欠かせません。クラウドへの期待は、これら三つのメリットとそこから生まれてくる可能性に集約されています。
Copyright (C)2017大切なデータはクラウドに保存しよう.All rights reserved.