大切なデータはクラウドに保存しよう

インターネット上のクラウドという仮想空間が広まっている。今後ビジネス上の重要なインフラとなると考えられる。

Topics

インターネットを利用して情報共有するクラウド

最近クラウドという言葉をよく聞くようになっている。意味は雲とのことだか、基本的に見えない、仮想空間のインターネット上でそれぞれの情報を共有することができるクラウドというシステムが一気に市民権を得ようとしている。

そもそも、インターネットでメールをして、画像やデータのやりとりをする場合がある。この場合大きさの制限があるためどうしても支障が出てしまう。また、圧縮技術も以前より飛躍的に進歩しているが、データ量がそんそん増大している昨今では、それではどうしても厳しくなっている。そこでネット上に共有する場所仮にフォルダがあるとしましょう。これをそれぞれの場所からインターネットで接続することができれば、そのようなやり取り自体が無くなるというのが基本的な考えかたであり、企業内の情報共有をインターネットを介してそれ以外の方ともできるようになるというのがシンプルな考え方かもしれない。
Copyright (C)2017大切なデータはクラウドに保存しよう.All rights reserved.