大切なデータはクラウドに保存しよう

クラウドサービスと日本に企業の参入の準備と具体的な方法などを、買収や提携から色々書いてみました。

Topics

クラウドサービスと企業

クラウドサービスをこれからの主要な成長産業として、多くの企業が参入していますが、その分野はどのようなものかというと、情報システム関連企業やネット関連企業、コンテンツ関連企業などや通信関連企業また自動車関連やその他色々な企業がこのサービスのシステムを整えています。特に外国のクラウドサービスの企業を買収している日本の企業もあれば、国内の企業を買収して参入している企業もあります。株式上場をしている関連企業も相当数あるのではないかと思います。それぞれ分野は違いますが、クラウドサービスということでは共通していて、これから急拡大する業界でしょうから、先に基盤を作っておこうということかもしれませんが、将来性がそれだけあるということでもあります。

特にプライベートクラウドの経験がある企業などは、それをパブリッククラウドに展開するのは容易ではないかと思います。そのノウハウや人材も豊富でしょうから、そのままそれらの経験をクラウドサービスに応用できます。それがない企業などは、関連企業と提携したり、買収したりして基盤を作っている最中ではないかということでしょう。またそのような企業の視野は、日本だけではないでしょうし、いずれは世界に飛躍しようと思っているでしょう。また世界的企業は、そのような基盤も海外にありますから、それらを利用しようと思うのも当然ではないかと思います。そのような基盤のある企業は、クラウドサービスでも非常に有利ではないかと思います。
Copyright (C)2017大切なデータはクラウドに保存しよう.All rights reserved.